奈良公園の鹿を「殺す」のは、誰か

奈良公園ゴミゼロプロジェクト実行委員会 著

内容説明

神様の使いとして1300年近くも奈良の人々から崇められ、人と共生を続けている奈良公園の鹿。
その鹿たちが、観光客や地元民の「ある行為」により、苦しめられたり、死に至ったりすることが起きています。

私たちはこの衝撃的な事実を受け止めることができるでしょうか。
なぜこのようなことが起きるのかを調べ、どうすればよいのかを本書で提言しています。
修学旅行の事前学習としても最適な内容です。

本書の売上の一部は、一般財団法人 奈良の鹿愛護会に寄付し、奈良公園の鹿を守る活動に使っていただきます。

【主な内容】
・バエる写真を撮るために
・「神の使い」を「悪の使者」にする人たち
・新型コロナウイルス流行で・育児放棄の原因に
・レジ袋有料化で
・数多い誤った記事  ほか

オンデマンド印刷版(印刷製本版 四六判 並製86頁) 1200円(税込)

下記のストア名をクリックすると購入サイトに飛びます。

こちらから試し読みもできます:https://ecatpub.stores.jp/items/6180e49e4e80824a89b9105a

学校、団体でご購入をご検討の方は「お問合せ」欄からご連絡ください。
郵便局の払込取扱票を郵送させていただきます。
個人の方で、クレジットカードの利用を希望しない方も「お問合せ」欄からご連絡ください。
郵便局の払込取扱票を郵送させていただきます。