レオノーレ

井坂康志  著

内容説明

井坂康志の第一詩集『レオノーレ』の復刊。
昭和・平成時代、少年から大人になる哀歓の記憶をヨーロッパの音楽や街並みに託した作品集。
「野の草の悲しみ」「ため池へ続く野道」「会えない時の音もなく」「死者たちを讃える歌」の四部からなる51篇。

試し読みはこちらから(下記の書名をクリック)

『レオノーレ』試し読み

【主な目次】

古井戸--序に代えて
野の草の悲しみ
・もういちど子供になれたら
・線路に咲く     --他11篇

ため池へ続く野道
・風に額を表れて
・木漏れ日     --他11篇

会えない時の音もなく
・月影と水車
・往こう、大きな船で、月と  --他10篇

死者たちを讃える歌
・墓標
・孤独  --他10篇

オンデマンド印刷版(印刷製本版 A5判 並製116頁) 2200円(税込)

下記のストア名をクリックすると購入サイトに飛びます。